東京校 成果を手に入れるには?

こんにちは。
トレーナー協会です。


先日も沢山の会場で開催することが出来ました。
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。


私たちの団体では、NLPをはじめ
コミュニケーションやカウンセリング・コーチング・セラピーなど
沢山の場で活用できる、技術をお伝えしています。


皆さん、意識が高く私たちも多くの学びを得ることが出来ます。


そして、何を学ぶ上でも大切なことがあります。
これが上手くできないと素敵な技術を身に着けても
結果が中々でません。


技術のほかに何が必要なのか?


ある受講者からの質問


先日の講座で素敵な質問がありました。
「いくら、コミュニケーションを学んでも彼とのケンカが絶えません。」
私は聞きました「どんな時にケンカになってしまうのか?」
彼女は「何かを疑われたり、責められたりすると私も言い返してしまうのです。」
「おうむ返しや、リフレーミングなど学んだはずなのに・・・」と言っていました。


技術は間違っていない?


確かに、おうむ返しや、リフレーミングを使うと
コミュニケーションが円滑になります。


しかし、自分が疑われたり、責められたりすると
技術を忘れて言い返してしまったり
怒ってしまったりと言う反応をしてしまいませんか?


日常のストレスでコミュニケーションが出来なくなる


これは、自分にストレスが掛かってしまうときには
当たり前のように出る反応なのです。


そうです。
いくら、技術を学んでも上手く行かない理由の一つが
自分の状態を安定させることが出来ないという事です。


大切なのは良い状態を作ること。
先ずは、それに気づいてみてください


どんな場面でも状態作り


状態作りは非常に大切です。
営業マンがいくら、セールストークが上手くても
「この人から買いたい」と思わないと高額なものは
中々買うことが出来ません。


お客さんの状態を良くすることが
大切になってきますね。


子供に勉強を教える時も
塾に行きたくないのに塾に行かせても中々勉強がはかどらなかったりします。


なにをやるにも心の状態を安定させることが大切です。
それができて初めて技術が役立ちます。


これが出来るかできないかで
コミュニケーションは劇的に変わってしまいます。
せっかくコミュニケーションの技術を学ぶのであれば
しっかりとした状態作りを学んでください。


NLPなどでは、状態作りを非常に大切にしています。
どんな気持ちでコミュニケーションするか?
言葉よりも何倍も気持ちの方が大切なのかもしれません。


皆さんのコミュニケーションがより
楽しく、円滑になるように
日常の出来事から沢山の事に気づいてみてください。


 

大阪 コミュニケーション能力とは?

こんにちは。
トレーナー協会です。


10月に入りましたね。
夜は肌寒くなってきたのではないでしょうか?
朝と夜の気温の差がすごいなと思ってしまいます。


体調を崩される方も多いようなので
お気を付け下さい。


いつもありがとうございます。


そして、寒くなってきても
雨が降っても、一生懸命学びに来て下さる皆様
いつも、ありがとうございます。


大阪で開催します。


10月7日の土曜日に
大阪でコミュニケーション能力1級が開催されます。
皆様と学べることを楽しみにしています。


コミュニケーションという事で
今沢山の方に注目されている分野です。


沢山の人が興味を持っている?


私は、電車に乗っていた時に、高校生くらいの男女数人が
コミュニケーションって難しいよね。
コミュニケーションを学びたい!と会話をしているのを聞いて
少しびっくりしたのと同時に、嬉しくなりました。


私が高校生の時なんて言うのは
嘘でも、コミュニケーションを学ぼうなんて言ったことなかったですから(笑)


浸透してるんだなぁと感心したのと同時に
恥ずかしくないスキルをお伝えしないとと
エネルギーをもらえたような気がします。


シンプルなコミュニケーション


コミュニケーションは難しい。
よく言われる言葉であり
良く耳にする言葉です。


しかし、【人のあり方】について気づくことが出来ると
実はコミュニケーションのやり方ってシンプルなんですね。


複雑にしてたのは自分だったのか!と築いたりします(笑)


よく、怒ってはダメと言いますが
私は時には怒ることも大切だと思っています。


気づく事


そして、もっと大切なのは
怒ったときに相手を傷つけてしまったことに
気づけるかどうかが大切です。


私もコミュニケーションを学ぶまでは
相手が傷ついたことに気づけませんでした。


だから、人間関係も上手く行かなくなってしまった時期があったんです。
コミュニケーションで大切なのは気づくことです。


いくら、スキルを身に着けても
もしかしたら、その技術が相手を傷つけることになるかもしれません。


だから、技術を学ぶ前に人を知ることが大切です。
人を知れなければコミュニケーションはできないはずですから。


私たちが開催するコミュニケーション能力では
自分と相手は違うという事を最初に学びます。


その後にコミュニケーションの技術を学びます。


相手を知って、どの様に伝えるか。
これを知ることが出来ると、
社員や夫婦、恋人、子育て
沢山の場面で有効に活用ができると思います。


皆さんのコミュニケーションで
皆さんも皆さんの周りも今以上に
笑顔が増えると楽しいですね。

コミュニケーションとは?

こんにちは。
トレーナー協会です。


3連休、皆さんはどの様にお過ごしでしたか?
台風が来てたので色々と大変だった人も多かったのでは。


3連休はセミナーでした。


私たちも3連休はセミナーで
台風によって、帰れないトレーナもいらっしゃいました。
でも、そんな中でも参加して頂いた皆さん、
雨と風の中、お越しいただきありがとうございました。


この、3連休はカウンセリング、コーチング、セラピーなど
沢山の内容を皆さんと学ぶことが出来ました。


質問から学んだこと


ある講座で「私、恋愛に縁がないのですが学ぶと恋愛ができる様になりますか?」
とご質問を頂きました。


しかし、その答えはわかりません。


技術を覚えれば、コミュニケーションをするうえで
楽になるかもしれません。


しかし、それで相手と本当に仲良くなれるのかというと
それだけでは、ないのかもしれません。


技術だけではないのかも


例えば、会話をしているときに
「この人、緊張してるなー」と緊張が移るようなことって
ありませんか?


その人は、「私、緊張してる!」と言ってもないのに
緊張が伝わることありますよね?


この様にコミュニケーションでは、意味ではなくて
状態が伝わってくることが多くあるのです。


同じように、この人をどうにかしたいと思うと
こういった状態も相手に伝わってしまうのです。


さらに、コミュニケーションの技術を使えば使うほど
お互いの状態を感じることが出来ます。


だから、いくら技術を学んでも
状態が否定的な状態だと相手に伝わってしまいます。


もし、周りと自分が心地よくなるために
技術を使うのであれば、コミュニケーションの技術を学ぶのと同時に
自分の心の状態を安定させることを覚えることも大切です。


コミュニケーションとは?


技術+あり方=コミュニケーションだと思います。


だから、技術を学んでも上手く行かない人もいます。
そして、しっかりとした技術を学ばないと上手く行かないことがあります。


私たちも沢山の人たちと
関わらさせて頂く中で沢山の事を学びました。


だからこそ、皆さんと楽しくコミュニケーションが学べるのだと思います。
自分が良かれと思うコミュニケーションと
周りと一緒にするコミュニケーションは少し違います。


しっかりとしたスキルを身に着け
仕事、恋愛、夫婦、子育て、友人関係など
沢山の場で応用できると良いですね。

大阪校 コミュニケーションの主人公

こんにちは。
トレーナー協会です。


大阪校の皆さんの集合写真です。
素敵な笑顔に癒されますね。


皆さん、毎回エネルギーをありがとうございます。


NLPはコミュニケーションも徹底的に学びます。
信頼関係の作り方や質問の仕方など。


コミュニケーションって大切ですよね。


先日、体調を崩してしまい
病院に通っていたんです。


僕の担当医の方はすごく親切で
色々な質問や要望にも笑顔で答えてくれました。


伝え方


通院3日目に検査をしてもらうことになったのですが
そこで少し気になることがあったんですね。


検査室で待っていると、検査を終えた方なのか、
以前終えた検査の結果を聞きに来たのかはわかりませんが
1人の女性の方にお医者さんがすぐにご家族を呼んでください!と
私たちにも聞こえる声で言ったのです。


言われた方の気持ち


女性はびっくりしたような、少し動揺したような表情で
電話を掛けに行っていました。


その後、すぐに私は検査に呼ばれたので
どうなったのかはわかりませんが、
違和感を覚えたのです。


検査を待っているのは私以外にも
何人かいたわけです。


その人たち全員に聞こえる様に
言われてしまったその方は、どんな気持ちなのかな?
僕だったら、知らない人の前で言われたくないな。
もう少し言い方を工夫できなかったのかな?


そんな気持ちになりました。


何を言うかではない?


事実を伝えたり、何かを伝えることは大切なのかもしれません。
しかし、どの様に伝えるかも大切なんじゃないかなと改めて感じました。


コミュニケーションの主人公は受け手なんだなと
改めて認識させてもらった体験でした。


もし、言葉で相手を傷つけてしまったとしても
気づくことが出来れば、いくらでも変えることが出来ます。


しかし、気づけなければ変わることはできません。


学ぶだけではだめ?


NLPや心理学を学び
自分や周りの反応に気づくことが出来れば
上手に変容が出来る。そんな気がします。


NLPを学んだとしても技術だけを身に着け
気づくことが出来なければ、逆効果になってしまうかもしれません。


しっかりとしたスキルを身に着けなければ
上辺だけの問題解決スキルで
終わってしまうかもしれません。


気づきと変化をもたらすNLPです。
しっかりとした、スキルを身に着けたいものです。


 

東京校 NLPで学べること

こんにちは。
トレーナー協会です。


プラクティショナーコース修了


東京校NLPプラクティショナーコースの
最終日が修了しました。


8日間ありがとうございました。


30年前に伝わったNLP


30年ほど前に海外から
日本に伝わってきたNLP。


これまでに、多くの人に影響を与えてきたスキルです。


そして、文化が違えばその文化に合ったやり方で
学びたいものです。


文化によって変わってくるスキル


英語圏の文化と日本の文化は違います。
もし、私が海外で活躍したいと思っていたり
海外で暮らすためにNLPを学ぶとしたら、
海外のNLPを学んだことだと思います。


しかし、私はどちらかというとNLPは
日本において、日本人向けに伝えたかったので
日本に合ったスキルを学びたかった訳です。


感覚や和を大事にする私たちです。
海外の言葉の使い方を直訳されて
言われると違和感があるはずです。


英語の本を翻訳して読むときに
違和感を感じたりすることと似ているかもしれません。


英語に慣れていれば考えないかもしれませんが
英語に慣れていないと不一致感を感じるものです。


言葉も違う、文化も違う。


工夫が必要です。


異国の地で生まれたものを日本で使うには工夫が必要です。
日本の物を海外で販売するのにも工夫が必要です。


ある国に日本の人が留学をして
困っているときに、
「ここは、日本じゃないんだ、
黙ってても助けてくれないぞ、助けて!って言わないと誰も気づかない。」と
言われたそうです。


感情の表現の仕方も、全然違います。
アメリカなどでは、ストレートに感情を出せたりする方が多いです。
しかし、日本人の方は我慢したり、控えめにしたりする方が多いです。

海外の一部のワークショップなどに参加すると
控えめな方は圧倒されて終わってしまうだけかもしれません。


素晴らしいスキルが沢山あるNLPです。
学びながら実践し、ぜひ文化や自分にあったやり方を
見つけてください。


NLPだけではなく


コミュニケーションや心理学
カウンセリングやコーチングも
日本と海外では言語が全く違います。


日本人の持っている素晴らしい強みで
沢山の人と向き合いたいですね。

札幌校 マインドフルネスとNLP

こんにちは。
トレーナー協会です。


9月に入って、一気に気温が下がった気がします。
夜とかは、少し寒く感じる時もありますよね。


季節の変わり目ですから、
体調管理にはお気を付け下さいませ。


マインドフルネス


最近、私たちの団体が取り入れている一つのスキルに
マインドフルネスと言うものがあります。


NLPとはまた違うのですが、
共通点も何点かあります。


マインドフルネスとは、ティックナットハン氏が作った呼吸法です。
ティックナットハンは、何冊も本を出していますが
とても素晴らしい内容ばかりです。


NLPとの共通点


先ほども言いましたが、NLPと似ていることが何点かあります。
そして、古くは禅の時代から先人たちが残してくれているスキルなのです。


もちろん、禅などでは、五感などラポールなどの言葉はありませんが
同じような事が書いてあります。


心理学とは面白いもので、やり方はすでに先人たちが
体系化をしてくれているという事です。


例えばマントラ(真言)なんて言うのがありますが
これを少し学んでみると、トップ営業マンと言われる方は
無意識にマントラをしていることがほとんどだったりします。


NLPなどでは、マントラやマインドフルネスとは
あまり言いませんが、呼吸に目を向けたり
自分と向き合う時間が多かったりと
1つの瞑想みたいなところがあります。


今この瞬間を生きる。


大切なのはどんな時でも
自分を見失わずに、自分と向き合い、
今、この瞬間を生きるという事です。


この瞬間を生きれないと少し大変です。


例えばカウンセリングやコーチングをするにせよ
「前回は、失敗しちゃった。」
「終わった後、大丈夫かな?」
これは、過去の失敗に生きてしまったり
未来の結果に生きてしまっているという事です。


大切なのは今この瞬間にいるという事。
過去の失敗や未来の結果にとらわれないでください。


大切な事と現実で起きていることは
目の前にクライアントさんがいるという事です。


その時間を大切にする事。
そして、ガイドが自分自身でいる事。
この二つが大切です。


これだけがNLPではないのですが、
NLPや心理学を学んでいるのであれば
マインドフルネスを知ると、より学びが深まるかもしれません。


 

○○がやめられない理由とは?

こんにちは。
トレーナー協会です。


依存してしまう事


皆さんの周りに、何かに依存している方はいらっしゃいますか?
例えばギャンブルなどで
依存してしまっている場合、中々抜けられないのが現状だったりします。


では、なぜ依存してしまうのでしょうか?
今日は1つの理由を書いてみようと思います。


耐性と刺激


まず、耐性と刺激と言うものによって
引き起こされてしまいます。


耐性というのは
例えば、パチンコなどの場合
初めてパチンコをした方が1万円使って
10万円になったとしてください。


すると嬉しかったり、周りにすごいねと言われたり
良い感覚が出来ます。


じゃあ、次の日に1万円を使って
5万円になったとしましょう。


買っているのに前回より金額が少ない。
周りから、前回は10万円だったのにねと言われると
いくら勝っても、満足はできません。


これが耐性です。
最初に10万円という耐性が出来てしまうと
次に5万円勝てても満足できないのです。


もう一つが刺激です。


刺激というのは、パチンコ屋さんの
広告や看板などを目にすると
今日出るんじゃないか?
今日は勝てるんじゃないかと勝手に想像してしまう事です。


また、今日は1万円までと決めて出ないと
あと、もう少し投資したら出るんじゃないか。
もし、やめて次にやる人が出ちゃったらどうしよう。
など思い込んでしまったりすることです。


この思い込みは中々制御ができません。
これが刺激です。


この二つが依存してしまう一つの原因です。


趣味で楽しめれば・・・


適度に趣味として楽しむのは
OKだと思います。
しかし、今日はこれまでと決めて、
その通りに出来る人は中々いないのではないでしょうか?


これは、快楽欲求と言うもので
一時的な満足を得るための手段です。


例えば、あまりよい例ではありませんが、
clubなどで、お金を使いこんでしまう。
お金を使いすぎてしまうなども同じ出来事が起こります。


素敵な女性が座る→話す→仲良くなる→もっと仲良くなりたいと思う。


仲良くなって、2人で食事してるイメージをしてしまう。
だからもっとお金を使って仲良くなろうとするわけです。


一時的な快楽を満たす


自分たちは一時的な快楽を満たすために
この様な行動をとってしまう場合があります。
好きではなくて、快楽と刺激、誰かからの承認がほしい場合がほとんどです。


もし、変えたい人がいれば
一時的な快楽を満たしているという事に気づいてください。
悪いことではありません。


自分を責めずに、代替え行動を


スポーツや運動でも快楽は満たされます。
やりすぎてたり、依存してると感じた時は
代替え行動を見つけることをお勧めします。


そして、快楽を満たそうとするのは
人間であればしょうがないことです。


NLPや心理学では
この様な状態で悩んでいる方も沢山いらっしゃいます。


そして、その多くの方が自分を責めてしまうのです。
人間はダメだと思うともっとやってしまう事が多いです。


自分を責めないで
行動変容ができると望ましいですね。


 

東京校 あなたの反応は?

こんにちは。
トレーナー協会です。


今日から、8月が始まりましたね!


花火大会やお祭りなどでにぎやかなだったりしますね。
皆さんは、どんな夏を過ごしていますか?


お子さんたちは、夏休みだったりして
家族旅行や素敵な休日を過ごしたり
部活や習い事などで一生懸命汗を流しているかもしれませんね。


お母さんやお父さんは、暑い中家事をしたり
お子さんを送り迎えしたり、仕事をしたり
たまの休みにのんびりしたり、
人それぞれ色んな過ごし方がありますね。


そんな中で、私たちの団体に
お時間を作って学びに来ていただき
ありがとうございます。


普段の生活で起こること


自分たちは、日々、色んな体験をしています。


その体験は自分たちのコミュニケーションや生活で
快になったり、不快になったり、普通の状態になったります。
体験から起こる反応は、自分の概念が大きくかかわってきます。


概念とは?


簡単に言ってしまうと概念とは
自分が思っていることです。


何かに失敗して
泣いている人がいた時に
「泣く人は嫌い」と思っていれば不快に
「泣く人がいるのは普通だよ」と思えば普通に
「一生懸命頑張ったんだよな」と思えば快に


どう思っているかによって
コミュニケーションの反応が変わるという事です。


問題と思ってしまうのは自分の概念


そうすると、日常の出来事に対して
意味づけをするのは自分の概念であるという事です。


この概念を工夫すると、これまで不快に思っていたことが
普通に思えたり、快に思えたりします。


NLPが行う事の一つはこの概念を変えるという事です。
概念はNLPで言うとPの部分(プログラミング)です。


プログラミングの作られ方


このプログラミングは、
自分たちが経験して来たり学んだりしたことで身に着けます。


例えば、小さい頃からお母さんに甘えられないで生きてきた方は
遊んでいたり、甘えていたりする人を見るとイライラしてしまったり
怒ってしまったりと不快な反応を示してしまう訳です。


感情のコントロールは出来ない?


こういった人格的な概念は感情のコントロールを
身に着けたいと思っていてもできないケースが非常に多いです。


なぜならば、瞬間的に出てきてしまう
衝動・情動と言われるものなので、コントロールする前に
爆発してしまう場合が多いのです。


だから、感情のコントロールを学ぶのではなくて
自分の小さい頃身に着けた生き方(概念)と向き合うことが大切です。


NLPや心理学の達人はテクニックレベルのアプローチではなく
その人の人格と向き合うコミュニケーションをします。


それができないと、一時的には良くなっても
また、同じようなことがあったときに再発してしまう事が多いです。


浅いNLPと深いNLP


NLPでも技術だけの浅いレベルのNLPもあれば
深い人格の部分に向き合うNLPがあります。


約30年前に伝わってきたNLP。
学ぶのであればしっかりと深い部分を学びたいですね。


そして自分の概念を見つめなおし
変えることによって、出来事に対して
不快を感じることが少なくなるかもしれません。


 


 

強いところに目を向けるNLP

こんにちは。
トレーナー協会です。


結果を求めることは大切です。


強みを見つける。


そして、結果をもたらすには
その人の強みを活かすことが重要です。


なぜならば、強み以外では
中々、モチベーションが上がらないからです。


バスケットが大好きな子供


私の知り合いのお子さんが
スポーツが得意で、特にバスケットボールが好きで
小学校のクラブチームでも有名なチームに入り
レギュラーで優秀な成績を残せたそうです。


運動神経もよかったのと、
何よりもバスケットが好きで
自ら研究したり、1人で自主練したりと
熱心にバスケットボールに向き合っていたそうです。


しかし、中学に入るとバスケットボール部がなかったそうです。
彼は、バスケットが大好きなので地元のクラブチームに入ったそうですが
ご両親はクラブチームに入れるけど、中学校では部活にも入ってほしいとのことで
サッカー部に入れたそうです。


そうすると、ほとんどやったことのないサッカーの練習で
上手く行かないことが続き、モチベーションが下がってしまいました。
すると、大好きだったバスケットの練習も疎かになり
遂には「練習に行きたくない」と言ったそうです。


ご両親も息子さんのマイナスな変化に気づき
「部活を辞めたらバスケ頑張れるか」と聞いたら
「うん。部活の時間もバスケットの練習がしたい!」と言い
ご両親も息子さんの意見を尊重し部活を辞めて
バスケット一本にしたそうです。


すると、今までサッカーをしてた部活の時間を
バスケットの勉強や練習に励み
モチベーションが上がり、クラブチームでも必要不可欠な存在になるまで
時間はかかりませんでした。


何が大切か?


部活をやる、やらない。
辞めることが良い、悪い。
これには、いろんな意見があると思います。


しかし、大切なのはやってることに対して
自分の強みを活かせてあげれてるかどうかです。


嫌なことを学ばせることも大切です。


例えば、通知表の成績が
数学が2で体育が5なら、
5を取れた体育を褒めてあげればいいんです。


「なんで、数学いつも悪いの」と悪い方ばかり
コミュニケーションしてれば、自然とモチベーションが下がります。


仕事でも社員の強みを活かす。
子育てでも強みを活かす。


子供や部下の強みを見つけ、それにアプローチするのは、
上司やご両親の役割なのかもしれません。


弱い部分で何かに向き合う人間は、
自己責任を負わないと言われています。


強みで向き合う人間は
自分の行動に責任を持つと言われています。


チームワークとは?


自分の強みが相手の弱みを消すように
相手の強みが自分の弱みを消すように。


チームワークってそういうことかもしれませんね。


NLPでは


人間はかけているところに目が行きやすい
動物と言われています。


周りが綺麗なリンゴでも
たった一か所の汚れた部分を見つけると
そこに目が行ってしまう。


NLPでは、ネガティブな部分ではなくて
周りの綺麗な部分を見るという
リフレーミングというスキルがあります。


NLPを活用することで相手の強みを見つけ
相手が自らモチベーションを上げて変容していくスキルです。

名古屋校 NLPの本質

こんにちは。
トレーナー協会です。


今年も、アメリカでNLPのトレーナーコースが
開催されたようです。


トレーナー協会の卒業生からも
アメリカでトレーナーコースに参加し
トレーナの認定証を頂いたのことです。


皆さん、おめでとうございます。
これからのご活躍を信じています!


さて、NLPには沢山のスキルがあります。
コミュニケーションスキル、カウンセリングスキル、
コーチングスキルなど様々なやり方を体系化しています。


1つ1つを講座で実際に体験していただくわけですが、
NLPの大切にしていることの一つが観察です。


NLPを学ぶと


よく言われるのが
目の動きで嘘がわかるとか言いますね。


それと同じように相手を観察して
言葉以外の相手の態度と向き合っていきます。


ここまでは、NLPのスキルで学ぶことが出来ます。
しかし、良くNLPで相手が嘘をついてるかわかるようになった。
相手が本音なのかわかるようになった。
こういった声が多く聞かれます。


浅いレベルのNLP


言葉が悪くなるかもしれませんが
嘘をついてる人がわかるようになったというのは
とても浅いレベルのNLPな気がするのです。


じゃあ嘘をついている人がわかってどうするのか。
怒る?注意する?見過ごす?


理由はいくつかありますが、
クライアントがNLPトレーナーを信頼してない場合です。(笑)
信頼してない人には本音で話せないですから、
嘘を見破る方法よりも信頼関係の築き方をしっかりやるべきと思います。


人格と向き合う


そして、もう一つは信頼できる人にも
嘘をついてしまう人がいます。
その場合は、嘘ついたとかではなくて
その様にコミュニケーションをしてしまう
人柄に向き合う事です。

最初に言っておくと嘘を付かなくする技術を
やるのではありません。
この人は嘘を付いて生きてきたと言う人格と向き合います。


相手が自ら気づき変化を望まなければ改善はしないのです。
NLPは相手を見抜く技術ではありません。
多分、見抜くために創始者はNLPを作ったのではないでしょう。


NLPの技術は浅く使うと上辺のレベル位しか解決できません。
NLPの技術を深く使うことが出来ると
人格や深い部分と向き合うことが出来ます。


何に使うにしても


コミュニケーションで悩んでる人も
カウンセリングのスキルアップでも
コーチングのスキルアップでも
何かを見抜くだけでは対して成果は上がらないかもしれません。


NLPの本質を学び、
活用させることが大切です。

ページの先頭へ