NLPで叶える自己実現とは

自己実現とは

「自己実現」というと、多くの方が、
アメリカの心理学者アブラハム・マズローが唱えた
欲求5段階説を思い浮かべると思います。

はたまた、辞書で「自己実現」の意味を調べてみると、
「自己が本来持っている真の絶対的な自我を完全に実現すること。
普遍的、絶対的自我の実現が究極の目的であり、それに導く行為が正しい行為だとする、
T=H=グリーンやブラッドリーなどの倫理説。
グリーンは、これが人生の究極目的であるとした。自我実現。」(大辞苑より)
とされています。

絶対的な自我を完全に実現する。とは…
何とも分かりづらく、曖昧な表現ではありますが、
「絶対的な自我」の一つの解釈としては、
自分が何物ともくらべようもない状態・存在になること。
といえるのではないでしょうか。

そして、そのような唯一無二の存在になるためには、
「自分の最大限の能力を生かし、創造的な活動をすること」
が必要になると考えられます。

何物とも比べられない「自分にしか創造できない生き方」ができたら、
さぞかし毎日が充実した、楽しい人生を送れることでしょう。

では、そのような人生を送るには、一体どうしたらよいのでしょうか。

スターウォーズに見る「自己実現」

映画『スターウォーズ』は、ジョージ・ルーカス監督が
神話学者であるジョーゼフ・キャンベル氏の神話論を参考にして作ったといわれています。

キャンベル氏は、世界で語り継がれる数々の神話や伝説には、
驚くべき多くの共通点や普遍的なパターンがあることを発見し、
その一連の法則を「英雄の旅(ヒーローズ・ジャーニー)」と名付けました。

神話や伝説に登場する主人公たちは、
皆、このヒーローズ・ジャーニー(神話の法則)のもと、
成長や自己実現を叶え、幸せな人生を手にしています。

ここで大切なのが、このヒーローズ・ジャーニーは、
何もフィクションの中だけの法則ではなく、実は、現実社会でも、
自分の人生の可能性を信じて生きる術となり、
自己実現を叶える方法そのものでもあるということです。

そして、そのヒーローズ・ジャーニーの中には、
必ず主人公に、自己を見出すきっかけがあります。
つまり、ヒーローたちは皆、本質的な自己の欲求を知ることで、
自己実現への第一歩を踏み出しているのです。

天職と自己実現の違い

しばし勘違いされることがありますが、自己実現と天職は意味が違います。
しかし、興味深い話があります。

NLPの卒業生に、【天職】をテーマに2冊の本を手掛けた方がいます。

その方は、次のように話してくれました。

「たくさんの方に、天職についてインタビューして分かったことがあります。
自分の仕事を『天職です』と言い切る人は、一人もいませんでした。
しかし、素敵だな、と思う人には、必ず共通点があります。
それは、自分の人生を自分の意志で選択しているということ。

そして、人生の選択を迫られた時、
自分の心に素直に従い、自分の心が正しいと思う決断をしていることです。
みなさん必ず自分の中心に立ち返った状態で人生を選択しているように感じました。
ありのままの存在となって、納得して選んだ仕事をしている人は、
イキイキと働いています。それこそが天職なのだと思います。」

納得できる選択をすること。
実はこれが、簡単なようで、とても難しいことなのです。
なぜならば、自分自身を深く理解していなければ、
本当に納得した選択をすることはできず、
ただ単に、納得したと錯覚していることが多いからです。
そのために、自分で選択した人生のはずなのに満たされない
状況に陥ってしまうのです。

NLPでなぜ自己実現が叶うのか

NLPの学びでは、コミュニケーションを成功させるには、
まず相手を理解し、自分との違いに気づくことが大切であるとしています。

そして、この相手と違う自分を知ることが、
他でもなく、何よりも自分を深く理解することにつながるのです。

自己実現への第一歩は、まずは自分自身を理解することです。
つまりは、自分を知ることが、自分のありのままの欲求や
目的を知ることにつながっていくのです。

NLPの学びの中で出会う、自分自身への理解。
それは必ずと言っていいほど、
自分にしかできない生き方への糸口となるはずです。

大切な、そして、一度きりの人生です。
自己実現や天職は、何も特別な才能を持った人だけのものではありません。
その可能性は万人に存在しているのです。

ぜひNLPの学びから、自己実現への第一歩を踏み出してください。

お問い合わせ・無料相談 コース見学 初めての方も安心して学べるNLPセミナー・講座 10周年記念キャンペーン 資格取得コース

ページの先頭へ