教育

例えばあなたは、家庭でお子さんにこんな声かけをしていませんか?
あるいは、こんな言葉をかけられた覚えはありませんか?

「忘れ物しないでね」
「大丈夫、心配しないで」
「大変だけどがんばってね」

こうした言葉は、
伝えたいメッセージとは逆の内容を、
子どもに無意識にインプットしてしまいます。

「忘れ物しないでね」は「忘れ物」を、
「心配しないで」は「心配」を、
「大変だけどがんばってね」は「大変」をインプットしてしまうのです。

伝えたいメッセージをそのまま子どもに無意識に伝えるのなら、
「必ず持って行ってね」
「大丈夫、安心してね」
「やりがいがあるね、がんばってね」
などの言葉をかける必要があります。
このような「ちょっとしたコミュニケーションのコツ」をつかんでおくと、
毎日の生活のスムーズさが大きく違ってきます。

お気づきでしょうか?
NLPは無意識の領域を活用した、
よりよいコミュニケーションのためのツールを提供してくれます。

そして、無意識は自己イメージに直結しているので、
人の行動に多大な影響を与えます。

スポーツ選手のイメージトレーニングが、まさにこれですね。
実際、NLPのトレーナーがオリンピック選手の強化に関わった例もあります。

上記の例は家庭での場面を想定しましたが、
NLPはさまざまな教育の場面において、大いに活用出来るスキルの集大成です。

例えば、大学の授業の中での学生への指示や概念の説明、
就職、進路相談、教育実習前の模擬授業などでも使うことが出来ます。

更に、NLPの効果が最も期待出来るのは、
学生との間に信頼関係を築くこと。
そして、彼らのポジティブな姿勢を引き出すことでしょう。

しかしながら今日、教育の場面においては、
親や教育者が知らずマイナスのメッセージを子どもたちに伝えています。

その権威的な存在から受けたマイナスのエネルギーを、
子どもたちは、自身の「努力」と「がんばり」で跳ね返しているという現実があるのです。

そんな環境の中で、子どもに成果を上げさせようとしている事実はとても残酷です。

子どもの「がんばり」がそのまま結果につながるように、
あるいは「がんばり」がなくても自然に結果が出せるように、
上手に働きかけることが必要なのではないでしょうか。

教育には、そういった幅広さと奥行きがあってほしいと改めて感じます。
NLPが、間違いなくそのコツを提供してくれるはずです。

お問い合わせ・無料相談 コース見学 初めての方も安心して学べるNLPセミナー・講座 10周年記念キャンペーン 資格取得コース

ページの先頭へ